母子家庭自立支援給付金及び父子家庭自立支援給付金

収入の少ない母子家庭や父子家庭を援助する制度は?

母子家庭や父子家庭は一般家庭に比べて収入が少なく、苦しい生活を強いられている家庭も少なくありません。
現在より収入を増やして、生活を安定させるための援助はないのでしょうか?

○収入を増やすための制度は?

母親等の自立支援事業
・雇用保険の職業訓練制度の教育訓練給付が利用できない母子家庭の母または父子家庭の父の自立支援のため、自立支援教育訓練給付金事業、高等職業訓練促進給付金事業を各都道府県等で実施。

支給を受けられるのは?
・訓練を受ける母親等で、児童扶養手当を受給、またが同様の所得水準、雇用保険の教育訓練給付受給資格のない人、などの規定がある。

自立支援教育訓練給付金事業
・対象教育訓練を受講して修了した場合、経費の20%(4001円以上で10万円が上限)を支給。

高等職業訓練促進給付金事業
・看護師、介護福祉士、理学療法士などの資格取得のため2年以上学校等へ通う場合、通学(修業)期間中の生活費の負担軽減のため高等職業訓練促進給付金と高等職業訓練修了支援一時金を支給。

支給期間
・高等職業訓練促進給付金事業は通学(修業)期間の全期間(上限2年)。
入学支援修了一時金は修了後支給。

申請方法と窓口
・住所地の自治体窓口に相談。
※制度を設けていない自治体もあるので注意

■母子家庭自立支援給付金及び父子家庭自立支援給付金とは?
収入を安定させるために
母子家庭の母等は就労経験が少ない場合も多く、生計が苦しくなることが多いため、また父子家庭においても同様な困難を抱える家庭もあることから、厚生労働省が支援している。

一口メモ
高等職業訓練促進給付金事業の対象となる資格は、看護師、介護福祉士、保育士、理学療法士等、就職の際に有利とされ、専門学校等の養成機関で2年以上のカリキュラムを修業することが必要とされている資格について都道府県等の長が指定したもの。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です