子ども・子育て支援新制度

私立幼稚園の保育料に補助金は出ませんか?

公立幼稚園が近くにないので、子どもが私立幼稚園に通うことになりますが、保育料が高くて3年間払えるか心配です。
補助してもらう制度はないのでしょうか?

○私立幼稚園の保育料に補助がある?

これまでの状況
・私立幼稚園の入園料や保育料の一部を補助する制度を、各市区町村で実施。
・一律の保育料を納入後、保育料が限度額を下回った場合、支払った額を限度に就園奨励費を保護者へ支給

2015年4月からの新制度
・「子ども・子育て支援新制度」の施行により、補助金として支給する方式ではなくなった。
・現行の私立幼稚園保育料額全国平均額から所得に応じた幼稚園就園奨励費補助額を差し引いて保育料を設定。

○どのように補助される?

保育料の軽減
・所得の階層ごとに保育料が設定される(階層区分の条件などは自治体ごとに異なる)。
・所得階層区分による保育料上限額(現行の負担水準と同程度)が国によって定められ、その範囲内でそれぞれの市区町村が決定した保育料を保護者が支払う。
・幼稚園の場合、幼稚園年少から小学校3年までの範囲内に子どもが2人以上いる場合、最年長の子どもは全額負担となるが、2人目は半額、3人目以降は無料。

※就園奨励費補助金の制度は、新制度の枠組みに入らず現行のままの運営を選択した幼稚園の通う場合のみ適用となる。

ここが変わった

①キャッシュバック方式の補助金ではなくなった
②保護者の所得により保育料が設定される
③きょうだいで利用する場合、2人目は半額、3人目は無料になる。
④毎年9月が保育料の切り替え時期になる。

一口メモ
子ども・子育て支援新制度では、保育所は保育が必要な時間により11時間保育と8時間保育の2つに分けられる。
保育所では、小学校就学前の範囲内に子どもが2人以上いる場合、最年長の子どもは全額負担となるが、2人目は半額、3人目は無料になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です