妊婦健診の公費のよる補助

妊娠したがお金がない

妊娠がわかった喜びもつかのま、1回の検診費用はかなりの金額でびっくりしています。
定期健診のたびに負担となりますが、安心して受診できる助成制度はないのでしょうか?

○妊婦健診は必要なの?

定期的な受診が必要
・妊婦健診では、妊婦さんや赤ちゃんの健康状態を定期的に確認、
心身ともに健康で安心して妊娠期間を過ごすため、医師や助産師のアドバイスを受ける。
・受診回数は出産までに合計14回程度。

○いくらぐらいお金が必要?

妊婦健診と診察費用
・病院にもよるが、1回の健診で5000円~8000円ほど。
特別な検査があると2万円以上かかることも。
・健診だけの合計で10万円以上かかる。

○妊娠が分かったらすぐに市区町村へ届出を
受けられるサービス
・母子手帳の交付、妊婦健診公費補助の受診券の交付
・保健師等の相談、母親学級の紹介など各種情報提供。

勤務時間内の健診
・働く妊婦さんは、会社に申し出ると勤務時間内に妊婦健診を受診できる。
(男女雇用機会均等法第12条)

○補助のおかげで妊婦健診は無料になったの?

公費負担の拡充
・必要な回数(14回程度)の妊婦健診が受けられるよう地方財政で任意助成とされていた9回分について、国が2009年4月から助成を始めた。
(5回分は地方財政で負担)

完全無料化ではない
・財政難で補助額の減額や補助回数の削減となった自治体もあり、完全無料化とはなっていない。
・公費負担額全国平均97494(2013年4月調査)。

一口メモ
数年前から、妊婦健診を全く受けない、あるいは2、3回しか受診しないまま出産に至る「未受診分娩」が社会問題化。
出産時の安全確保、少子化対策の一環として、妊婦健診の費用を助成しようということになり、国から自治体へ予算が下りるようになった。

不妊治療をしたいが高額するぎると悩んでいる
結婚して10年過ぎても子どもが授かりません。
医師からは体外受精以外に妊娠の見込みがないと言われましたが、高額の治療費を考えると諦めるしかないのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です