奨学金制度

経済的に困難でも進学できるの?

家計が苦しく、子どもの学費を払うゆとりがあまりないのですが、子どもを進学させるために、学費の援助をしてもらえる制度はないでしょうか?

○子どもの教育を援助する制度は?

多彩な奨学金制度
・経済的理由により就学が困難である学業に優れた学生などに対し貸与される奨学金制度がある。
・日本学生支援機構(JASSO)、各大学、地方公共団体、奨学事業実施団体などで多数の制度があるが、JASSOが実施する国の奨学金制度が最も多く利用されている。

○JASSOの奨学金制度とは?

制度の対象者
・国内の大学や短期大学、高等専門学校、専修学校(専門課程)、大学院に進学する人、海外留学希望者。
・奨学金申込者の人物・学力・家計等について基準に照らして選考し、採用する。
・奨学生の採用は予算の範囲内で行うので、基準内なら必ず採用されるとは限らない。
・希望者は、在学する学校の奨学金窓口に相談する。

奨学金の種類
・特に優れた学生および生徒で経済的理由により著しく修学困難な人に貸与する第一種奨学金と、利息付きの第二種奨学金、日本政策金融公庫の「国の教育ローン」を申し込んで利用できなかった人を救済する入学時と区別増額貸与奨学金(利息付き)がある。
・第二種奨学金は利息固定方式または利息見直し方式のうち、申込の歳にいずれか一方を選択する。
いずれの方式も利率は年3.0%が上限(在学中は無利息)。
学習意欲のある人を広く対象とするため、第一種奨学金より選考基準は緩やか。
・貸与額は、学校の種類別、奨学金の種類で異なる。

一口メモ
厳しい経済・雇用情勢で大学生等の就職環境も厳しいことから、JASSOの奨学金では、返還する人の経済状況(返還中に病気や失業などで返還困難となった場合)に合わせ、返還期限を猶予したり、返還額を減額したりする柔軟な制度を設けている。

○貸与を受ける手続きは?

申込みの種類と手続き
・入学前に申込む「予約採用」、入学後に申込む「在学採用」、家計の急変などによって奨学金を緊急に要したときに申込む「緊急採用・応急採用」がある。
・インターネットを利用した申込(スカラネット)。
手続きについては、在学する学校の指示に従うこと。

募集期間
・予約採用(大学院を除く)の無利子奨学金は入学前度おおむね4~6月下旬、有利子奨学金は入学前年度の4~6月下旬、10月上旬、12月中旬の3回、在学採用の募集は春に行われる。
・「緊急採用・応急採用」は、災害や家計の急変などで緊急に奨学金が必要になったとき、随時。

貸与方法と返還方法
・貸与は、採用決定後、毎月本人名義の口座に振込み。
・貸与終了6ヶ月後に奨学金の返還開始(3月に卒業する人は10月から返還開始)。
繰り上げ返還可能。
・リレー口座(ゆうちょ銀行・銀行・信用金庫・労働金庫の預貯金口座自動振替)に加入し、月賦または月賦・半年賦(月々+ボーナス)返還。

■奨学金制度とは?
学生の夢を応援する!
「学びたい」という意欲と能力のある学生が、経済的ば理由で学業をあきらめることなく、夢を追い求められるよう応援するためにある制度。
JASSOの奨学金は、在学中に奨学金を貸与され、卒業後に返還する。
その返還金は、後輩たちの奨学金として使われ、先輩から後輩に受け継いで行く仕組み。

一口メモ
学校によっては、返済扶養の給付型奨学金制度や、親の収入にかかわらず学業・スポーツなどの成績優秀者が授業料の一部・全額免除になる制度も。
返済扶養の給付型奨学金制度は学校以外でも行っている団体が多く、複数団体に採用してもらうことも可能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です