子育て支援が変わる!?

2015年4月から「子ども・子育て支援新制度スタード」

一人ひとりの子供達が健やかに成長できる社会を目指して、「子供・子育て関連3法」基づいてスタートする制度です。


<新制度の3つのポイント>

1 「認定こども園」など子供を預けるせんたくしが充実

施設

幼稚園 3~5才時間程度の教育のほか、園によっては教育、時間前後の預かり保育も実施。

認定こども園 0~5歳 幼稚園と保育園の機能と特長を併せ持つ。

保育所 0~5歳 保育所によっては延長保育も実施。

地域型保育 0~2歳 少人数単位

地域型保育事業

家庭的保育 定員5人以下でキメの細かい保育を行う

小規模保育 定員6~19人でキメの細かい保育を行う

事業所内保育 会社の従業員の子供と地域の子供を一緒に保育する

居宅訪問型保育 個別ケアが必要な場合、保護者の自宅において1対1で保育を行う

2 地域の子育て支援の充実

地域子ども・子育て支援事業

地域子育て支援拠点 気軽に親子交流や子育て相談ができる

一時預かり 急な用事や短期のパートタイム就労などのとき

病児保育 病院や保育所などに付設されたスペースで行う

利用者支援 情報の帝京、相談に専門職員があたる

放課後自動クラブ 保護者が昼間過程にいない児童が放課後に余裕教室、児童館などで過ごせるようにする

3 3つの区分認定で利用先が決定

居住している市町村による3つの区分の似ていに応じて、幼稚園、保育所、認定こども園など施設の利用先が決定となり、保育料は、保護者の所得に応じた支払いが基本となります。

認定区分の種類

支給認定区分   対象になる子ども

1号認定    満3歳以上で、教育を希望する場合

2号認定    満3歳以上で、保護者の就労などにより、保育を必要とする場合

3号認定    満3歳未満で、保護者の就労などにより、保育を必要とする場合

利用できる主な施設・事業

1号 幼稚園、認定こども園

2号 保育所、認定こども園

3号 保育所、認定こども園、地域型保育

制度利用の流れ

幼稚園等を利用する場合

①幼稚園等に直接申し込み

②幼稚園等から入園内定を受ける

③幼稚園等を通じて認定申請

④幼稚園等を通じて、市町村から認定証交付

⑤幼稚園等と契約

保育所等を利用する場合

①市町村に利用申請

②市町村から認定証交付

③保育所等の利用希望を申込み

④市町村が利用調整

⑤利用先決定後に契約

※認定こども園を利用する場合は、1号認定の場合は「幼稚園等」の、2号・3号認定の場合は

「保育所等」の手続きとなります。

おすすめ

コンテンツ